アルカリ骨材反応抑制|ASRリチウム工法協会
アクセス数
今日48
累計578479
(2012/02/15〜)
Googleサイト内検索
ASRリチウム工法協会
〒732-0052
広島市東区光町2丁目6番31号
TEL 082-205-5364 
FAX 082-261-1269
コンクリ構造物の劣化でフォーラム|コンクリート構造物に生じたASR(アルカリ骨材反応)を抑制する補修工法 亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤をコンクリート中に圧入し、構造物全体のASR(アルカリ骨材反応)を根本的に抑制|ASRリチウム工法協会

コンクリ構造物の劣化でフォーラム =ASRリチウムエ法協会=

2009年02月26日 日刊建設工業

コンクリ構造物の劣化でフォーラム
 ASRリチウム工法協会(会長・齊藤久克鴻池組常務)は24日、大阪市西区の建設交流館で「コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム」を開いた=写真。08年3月に国土交通省がまとめた「アルカリ骨材反応による劣化を受けた道路橋の橋脚・橋台躯体に関する補修・補強ガイドライン(案)」を受け、全国で実施しているもので、官公庁やゼネコンなどから約250人が参加、熱心に聴講した。
 フォーラムでは冒頭、齊藤会長が「アルカリ骨材反応(ASR)によるRC橋脚の鉄筋破断の可能性が指摘されて以降、ASRは社会問題として、その対応が急務となっている。抜本的対策の一つである当工法への理解を深めてもらい、皆さんの日ごろの業務に役立てば幸いだ」とあいさつした。
 続いて来賓の宮地淳夫近畿地方整備局道路部長があいさつしたほか、同協会の委員がASRのメカニズムや劣化事例、ASRリチウム工法の概要や設計手法、施工事例などを説明。また、同協会技術顧問の宮川豊章京都大学大学院工学研究科教授は「コンクリート構造物の劣化と補修・補強・アップグレード」と題して講演した。
 ASRリチウム工法は、コンクリート構造物の表面から削孔した圧入孔を通じ、亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤を構造物内に加圧注入し、コンクリート全体に抑制剤を浸透拡散させるもの。これまで対策方法がなかったコンクリート内部のASRによる劣化を抑制すると同時に鉄筋の防錆効果による塩害対策としても期待できるという。
 同フォーラムは東京でも5月に開催する。
Copyright(C) 2007〜 ASRリチウム工法協会All rights reserved 当サイト内の素材の無断転用を禁止します。