アルカリ骨材反応抑制|ASRリチウム工法協会
アクセス数
今日178
累計565086
(2012/02/15〜)
Googleサイト内検索
ASRリチウム工法協会
〒732-0052
広島市東区光町2丁目6番31号
TEL 082-205-5364 
FAX 082-261-1269
各地でフォーラム 定期総会|コンクリート構造物に生じたASR(アルカリ骨材反応)を抑制する補修工法 亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤をコンクリート中に圧入し、構造物全体のASR(アルカリ骨材反応)を根本的に抑制|ASRリチウム工法協会

各地でフォーラム 第4回定期総会
=ASRリチウムエ法協会=

2009年05月20日 建設通信

 ASRリチウム工法協会(会長・齊藤久克鴻池組常務取締役)は、大阪市内で第4回定期総会を開いた。2008年度の事業報告、09年度事業計画・予算案などを審議し、承認した。
 齊藤会長は、あいさつのなかで、「昨年度も大変精力的に活動してもらったが、ここ数年が勝負と認識し、(同工法)のさらなる普及に努めてほしい」と会員らに向けて呼びかけた=写真。
 09年度も各発注機関やコンサルタント会社への技術プレゼンテーション、展示会などを展開するほか、「コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム」を、29日の東京会場を皮切りに、札幌(6月30日)、新潟(7月16日)、金沢(同17日)で開催する。
 同協会は、アルカリ骨材反応(ASR)で劣化したコンクリート構造物を補修する同工法の普及を目的に、05年に発足。ゼネコン、専門工事業、メーカーなどで構成している。(5・14)
Copyright(C) 2007〜 ASRリチウム工法協会All rights reserved 当サイト内の素材の無断転用を禁止します。