アルカリ骨材反応抑制|ASRリチウム工法協会
アクセス数
今日39
累計578470
(2012/02/15〜)
Googleサイト内検索
ASRリチウム工法協会
〒732-0052
広島市東区光町2丁目6番31号
TEL 082-205-5364 
FAX 082-261-1269
構造物を適切に管理 新潟、金沢でフォーラム ASRリチウム工法協会((会長・齊藤久克鴻池組常務)は、16日に新潟市中央区の新潟駅前カルチャーセンターで、17日に金沢市青草町の近江町いちば館で、コンクリート構造物の劣化防止をテーマとしたフォーラムを開いた。 |コンクリート構造物に生じたASR(アルカリ骨材反応)を抑制する補修工法 亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤をコンクリート中に圧入し、構造物全体のASR(アルカリ骨材反応)を根本的に抑制|ASRリチウム工法協会

構造物を適切に管理 新潟、金沢でフォーラム
ASRリチウム工法協会

2009年07月21日 建設通信

構造物を適切に管理 新潟、金沢でフォーラム
 ASRリチウム工法協会((会長・齊藤久克鴻池組常務)は、16日に新潟市中央区の新潟駅前カルチャーセンターで、17日に金沢市青草町の近江町いちば館で、コンクリート構造物の劣化防止をテーマとしたフォーラムを開いた=写真。
 新潟会場のフォーラムで同協会の坂口武広報委員長は「きょうは設計手法と施工実績などを説明する。ASRの根本的な対策工法の一つであるASRリチウム工法についての理解を深めていただき、今後の業務に役立てていただきたい」と話した。
 北陸地方整備局の今野和則道路保全企画官もかけつけ、「ストックの老朽化により、適切な維持管理が求められている。本日のフォーラムを機に、橋梁の円滑な維持管理に努めてほしい」と大寺伸幸道路部長のメッセージを代読した。
 この後、江良和徳技術委員がアルカリ骨材反応の現状と対策、岡田繁之技術・積算委員長がASRリチウム工法の施工実績を紹介した。今回のフォーラムには2日間でコンサルタント、建設会社、発注機関の職員など約110人が参加した。
 同工法は亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤を加圧注入するもので、抑制剤を構造物内部のコンクリートの微細ひび割れを介して劣化範囲に効果的に浸透・拡散させる。構造物内部のコンクリートの膨張を低減し、劣化を抑制する技術として注目されている。
Copyright(C) 2007〜 ASRリチウム工法協会All rights reserved 当サイト内の素材の無断転用を禁止します。