アルカリ骨材反応抑制|ASRリチウム工法協会
アクセス数
今日61
累計617353
(2012/02/15〜)
Googleサイト内検索
ASRリチウム工法協会
〒732-0052
広島市東区光町2丁目6番31号
TEL 082-205-5364 
FAX 082-261-1269
一の宮橋 リハビリカプセル工法|コンクリート構造物に生じたASR(アルカリ骨材反応)を抑制する補修工法 亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤をコンクリート中に圧入し、構造物全体のASR(アルカリ骨材反応)を根本的に抑制|ASRリチウム工法協会
施工事例
一の宮橋
事業区分一般道路橋 劣化機構塩害
適用工法リハビリカプセル工法 発注者鳥取県中部総合建設事務所
工事場所東伯郡湯梨浜町 工事時期2013年02月〜2013年07月
主な使用材料
他 使用材料
施工数量RC床版 266.6m2
塩化物イオン濃度:3.0kg/m2
⇒亜硝酸リチウム:11.2kg/m3
工事概要 鋼橋のRC床版部が塩害による劣化を生じており、ひび割れ、コンクリート浮き、剥離、鉄筋露出が見られた。
 塩化物イオン濃度の分布状況から内在塩分による塩害であることが判明したため、劣化因子の遮断ではなく鉄筋腐食そのものを抑制するための工法選定がなされ、リハビリカプセル工法による亜硝酸リチウム内部圧入工が採用された。
施工者

参考写真
一の宮橋 写真01
施工対象RC床版
一の宮橋 写真02
鉄筋腐食状況(はつり出し)
一の宮橋 写真03
リハビリカプセル設置状況
一の宮橋 写真04
内部圧入工施工状況

参考資料
Copyright(C) 2007〜 ASRリチウム工法協会All rights reserved 当サイト内の素材の無断転用を禁止します。