アルカリ骨材反応抑制|ASRリチウム工法協会
アクセス数
今日103
累計544735
(2012/02/15〜)
Googleサイト内検索
ASRリチウム工法協会
〒732-0052
広島市東区光町2丁目6番31号
TEL 082-205-5364 
FAX 082-261-1269
亜硝酸リチウムを用いたASR補修工法として、京都大学大学院・宮川教授の指導のもと鴻池組他3社で 開発した「AAR/Li工法」と、極東興和他1社で開発した「リハビリ高圧注入工法」とが個別に実用化を進めてきましたが、 両者の技術を集約・統合し、普及の促進を図るためにASRリチウム工法協会を設立しました。|コンクリート構造物に生じたASR(アルカリ骨材反応)を抑制する補修工法 亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤をコンクリート中に圧入し、構造物全体のASR(アルカリ骨材反応)を根本的に抑制|ASRリチウム工法協会

ASRリチウム工法協会概要

設立趣旨

 
 メンテナンスフリーと言われていたコンクリート構造物を劣化させ、その強度までも低下させてしまう「アルカリ骨材反応(ASR)」。

 以前はコンクリート表面にひび割れが発生するのみの被害だと思われていましたが、近年の調査で、内部コンクリートの劣化と 鉄筋破断の可能性が指摘され、問題が深刻化しています。

 ASRリチウム工法は、亜硝酸リチウムを主成分とするASR抑制剤をコンクリート中に高圧で注入し、構造物全体のASRを根本的に抑制する補修工法です。

 これまで、亜硝酸リチウムを用いたASR補修工法として、京都大学大学院・宮川教授の指導のもと鴻池組他3社で 開発した「AAR/Li工法」と、極東工業他1社で開発した「リハビリ高圧注入工法」とが個別に実用化を進めてきましたが、 両者の技術を集約・統合し、普及の促進を図るためにASRリチウム工法協会を設立しました。
 

会長

極東興和(株)  営業本部長  山根 隆志

副会長

(株)鴻池組  常務取締役  古川 和義

技術顧問

京都大学大学院  教授  宮川 豊章

会員構成

■正会員
会社名称住所及び連絡先
株式会社鴻池粗〒541-0057
大阪府大阪市中央区北久宝寺3丁目6番地1号
(tel) 06-6245-6500
極東興和株式会社〒732-0052
広島県広島市東区光町2丁目6番地31号
(tel) 082-261-1204
株式会社大阪防水建設社〒543-0016
大阪府大阪市天王寺区餌差町7番地6号
(tel) 06-6762-5621
株式会社ジオ ダイナミック〒136-8880
東京都江東区南砂2丁目7番地5号
(tel) 03-5857-8730
福徳技研株式会社〒730-0053
広島県広島市中区東千田町2丁目3番地26号
(tel) 082-243-5535
井上建設株式会社〒722-1304
広島県三原市久井町江木1471番地
(tel) 0847-32-7125
広島ガステクノ・サービス株式会社〒734-0007
広島県広島市南区皆実町二丁目6番19号
(tel) 082-252-3068
東日本コンクリート株式会社〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町二丁目2番13号 仙建ビル
(tel) 022-225-4421

■賛助会員
会社名称住所および連絡先
大日本途料株式会社〒554-0012
大阪府大阪市此花区西九条6丁目1番地124号
(tel) 06-6466-6626
三興塗料株式全社〒553-0006
大阪府大阪市福島区吉野3丁目12番地25号
(tel) 06-6461-3835
日産化学工業株式会社〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3丁目7番地1 興和一橋ビル
(tel) 03-3296-8031
日星彦業株式会社〒103-0023
束京都中央区日本橘本町一丁目10番5号 日産江戸橋ビル
(tel) 03-3241-0205
田島ルーフィング株式会社〒101-8579
束京都千代田区外神田4丁目14番地1号秋菜原UDX21F
(tel) 03—6837-8950

常設委員会

技術積算委員会 / 広報委員会

事務局

〒732-0052 広島市東区光町2丁目6-31 極東興和蠧
 TEL 082-205-5364 
 FAX 082-261-1269


Copyright(C) 2007〜 ASRリチウム工法協会All rights reserved 当サイト内の素材の無断転用を禁止します。