アルカリ骨材反応抑制|ASRリチウム工法協会
アクセス数
今日198
累計565106
(2012/02/15〜)
Googleサイト内検索
ASRリチウム工法協会
〒732-0052
広島市東区光町2丁目6番31号
TEL 082-205-5364 
FAX 082-261-1269
【第曲圈\澤廾菊日数の算定方法(案)】4.設計圧入日数の算定方法|コンクリート構造物に生じたASR(アルカリ骨材反応)を抑制する補修工法 亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤をコンクリート中に圧入し、構造物全体のASR(アルカリ骨材反応)を根本的に抑制|ASRリチウム工法協会

アルカリ骨材反応抑制工法 ASRリチウム工法 技術資料(初版)
【第曲圈\澤廾菊日数の算定方法(案)】

4.設計圧入日数の算定方法

 前述の算定式を用いた設計圧入日数算定方法を示す。
 計算手順としては以下のようになる(図4-1)。
図4-1 設計圧入日数算定手順
図4-1 設計圧入日数算定手順
 まず、設計計算にはコンクリート物性として、圧縮強度、または弾性係数とコンクリート中のアルカリ量が必要となる。圧縮強度、弾性係数については抑制剤の圧入のしやすさに関するパラメータkα算定に用いる(式(6)または式(7) )。また、コンクリート中のアルカリ量分析結果により、設計抑制剤量を算定する。設計抑制剤量はコンクリート中の単位体積あたりのアルカリ量に対してモル比1.0となる抑制剤量にコンクリート体積を乗じることで求める(【第喫圈。粥ィ粥杙仮函法
 圧入仕様の決定は以下の手順で行う。
  ’杞Ψ弉茲砲茲螳菊孔間隔を設定することで対象構造物の圧入孔の本数が決定される。
  圧入孔1孔あたりに圧入する抑制剤量Qを設計抑制剤量/圧入孔本数により決定する。
  C軻圧力(標準0.5MPa)を設定し、抑制剤の圧入しやすさに関するパラメータkα、および、圧入孔径D,
    部材厚Lより式(4)から時間あたりの圧入量qが、また、Q/q(式(1))より圧入に要する時間tが求まる。
    このとき、tを1日あたりに圧入を行う時間(例えば昼間施工ならば8時間/日など)で除すことにより
    設計圧入日数を求めることができる。
<<前頁   目次   次頁>>
Copyright(C) 2007〜 ASRリチウム工法協会All rights reserved 当サイト内の素材の無断転用を禁止します。