ASRリチウム工法協会

コンクリート構造物のアルカリ骨材反応抑制工法の普及を図る

コンクリートの劣化・強度低下から構造物を守るASRリチウム工法

コンクリート構造物に生じたASR(Alkali-Silica-Reaction・アルカリ骨材反応)による劣化に対し、補修工法亜硝酸リチウムを主成分とした溶剤をコンクリート内に圧入し、構造物全体の劣化を根本的に抑制します。

ASR(アルカリ骨材反応)は「コンクリートの癌」とも言われ、これまで多くの関係者を悩ませてきました。ASR(アルカリ骨材反応)の補修工法としては、コンクリート表面のみの処理(被覆・含浸等)が主流ですが、比較的早い段階で再劣化する事例が多く、従来の工法では十分な補修効果が得られない場合があることが明らかになってきました。 「ASRリチウム工法」は、コンクリート深部まで削孔し、亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤を劣化範囲に効果的に圧入し、以後のASR(アルカリ骨材反応)による骨材膨張を根本的に抑制する工法です。
ASRリチウム工法とは? | ASRリチウム工法協会 | ASRリチウム工法協会

ASRリチウム工法とは?

フォーラムFORUMS

施工実績RESULTS

新着情報NEWS