アルカリ骨材反応抑制|ASRリチウム工法協会
アクセス数
今日42
累計578473
(2012/02/15〜)
Googleサイト内検索
ASRリチウム工法協会
〒732-0052
広島市東区光町2丁目6番31号
TEL 082-205-5364 
FAX 082-261-1269
那覇市の沖縄産業支援センターで「コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム」を開いた。全国8都市で開催した同フォーラムの最終回で、80人が参加した。|コンクリート構造物に生じたASR(アルカリ骨材反応)を抑制する補修工法 亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤をコンクリート中に圧入し、構造物全体のASR(アルカリ骨材反応)を根本的に抑制|ASRリチウム工法協会

那覇でコンクリ劣化の最終フォーラム
ASRリチウム工法協会

2009年12月11日 建設通信

コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム
 ASRリチウム工法協会は、那覇市の沖縄産業支援センターで「コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム」を開いた。全国8都市で開催した同フォーラムの最終回で、80人が参加した=写真。
 同協会の委員がアルカリ骨材反応(ASR)のメカニズムや劣化事例について説明したほか、同工法の劣化抑制メカニズムや塩害対策効果、設計手法、施工事例報告などを紹介した。
 同工法は亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤を、コンクリート構造物の表面から加圧注入し、コンクリート内部の劣化を抑制する。塩害対策でも効果が期待されている。フォーラムは今回の那覇市のほか東京、大阪、札幌、新潟、金沢、高松、福岡の計8都市で開催。同協会事務局によると、8回で述べ900人が参加したという。
 現在の同協会加盟企業は鴻池組、極東興和、ジオダイナミック、大阪防水建設社、福徳塗装工業、井上建設、大日本塗料、三興塗料、日産化学工業の9社。
Copyright(C) 2007〜 ASRリチウム工法協会All rights reserved 当サイト内の素材の無断転用を禁止します。