アルカリ骨材反応抑制|ASRリチウム工法協会
アクセス数
今日159
累計565067
(2012/02/15〜)
Googleサイト内検索
ASRリチウム工法協会
〒732-0052
広島市東区光町2丁目6番31号
TEL 082-205-5364 
FAX 082-261-1269
山内高架橋 橋梁下部工 プロコン40|コンクリート構造物に生じたASR(アルカリ骨材反応)を抑制する補修工法 亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤をコンクリート中に圧入し、構造物全体のASR(アルカリ骨材反応)を根本的に抑制|ASRリチウム工法協会
施工事例
山内高架橋
事業区分橋梁下部工 その他 劣化機構ASR
適用工法ASRリチウム工法 発注者佐賀県
工事場所佐賀県武雄市 工事時期2012年12月〜2013年10月
主な使用材料プロコン40
他 使用材料
施工数量1工区:橋台1基、橋脚9基
2工区:橋台1基、橋脚13基
3工区:橋台1基、橋脚8基
工事概要 過去にASR補修として表面被覆工法(シート併用)が施工されていたが、塗膜の下で著しい再劣化が進行していた。
交通量の多い大規模な高架橋で一部はJRを跨ぐ跨線橋となっている重要度の高い構造物であり、これ以上の再劣化を許容しないという維持管理シナリオが選択され、ASRリチウム工法が適用となった。
工事は3工区に分割して発注された。
施工者極東興和株式会社

参考写真
山内高架橋 橋梁下部工 写真01
山内高架橋全景
山内高架橋 橋梁下部工 写真02
施工前状況
山内高架橋 橋梁下部工 写真03
橋台前面の再劣化状況
山内高架橋 橋梁下部工 写真04
橋脚はり部の内部圧入施工状況

参考資料
Copyright(C) 2007〜 ASRリチウム工法協会All rights reserved 当サイト内の素材の無断転用を禁止します。