アルカリ骨材反応抑制|ASRリチウム工法協会
アクセス数
今日42
累計538562
(2012/02/15〜)
Googleサイト内検索
ASRリチウム工法協会
〒732-0052
広島市東区光町2丁目6番31号
TEL 082-205-5364 
FAX 082-261-1269
コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム|H19.07.24名古屋|京都大学大学院 宮川豊章教授 講演|コンクリート構造物に生じたASR(アルカリ骨材反応)を抑制する補修工法 亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤をコンクリート中に圧入し、構造物全体のASR(アルカリ骨材反応)を根本的に抑制|ASRリチウム工法協会

2007年07月24日 コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム

 7月24日(火)に、ASRリチウム工法協会主催による「コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム」が名古屋市工業研究所(名古屋市熱田区六番町3−4−41)にて開催された。参加者は210名を数え、中部地区におけるASR対策への関心度の高さが伺えた。
 フォーラムでは、同協会の技術顧問である京都大学大学院の宮川豊章教授により、「コンクリート構造物の劣化と補修・補強・アップグレード」と題した特別講演が行われた。建設分野の最新動向、維持管理の最新技術およびアセットマネジメントなどに関するタイムリーなテーマであり、聴講者の大きな関心を集めていた。
 また同協会の委員より、アルカリ骨材反応のメカニズムおよび劣化事例について説明がなされた後、同協会が展開するアルカリ骨材反応対策技術であるASRリチウム工法について、工法の概要、劣化抑制メカニズム、設計手法、施工事例報告などに関する紹介がなされた。
 本フォーラムは同協会が設立2年目の事業として昨年広島で開催したのを初めとして、今回が2回目の開催となるものである。同協会は、今後も各地にて同様のフォーラムの開催していく予定である。
 ASRリチウム工法は、コンクリート構造物の表面から削孔した圧入孔を通じて、亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤を構造物内部に加圧注入しコンクリート全体に抑制剤を浸透拡散させるものである。この工法は、これまで対策方法のなかったコンクリート内部のASRによる劣化をも抑制することができ、構造物の長寿命化が実現できる。
 現在会員は鴻池組、極東工業、ジオダイナミック、大阪防水建設社、福徳塗装工業、井上建設、大日本塗料、三興塗料、日産化学工業の9社。
 ASRリチウム工法に関する問い合わせは同協会事務局(鴻池組内=大阪市中央区北久宝寺町3-6-1、電話06-6244-3862、Fax 06-6244-3863、e-mail:info@asrli.jp)まで。

フォーラム 写真

受付の様子|コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム in 名古屋
受付
観客席の様子|コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム in 名古屋
観客席
全景|コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム in 名古屋
全景
コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム in 名古屋
司会風景
コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム in 名古屋
主催者挨拶
後方全景|コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム in 名古屋
後方全景
コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム in 名古屋
工法概要進行風景
京都大学大学院 宮川豊章教授|コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム in 名古屋
宮川豊章教授
コンクリート構造物の劣化と補修・補強・アップグレード講演中|コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム in 名古屋
講演風景
コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム in 名古屋
施工実績進行風景
コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム in 名古屋
施工実績説明風景
閉会挨拶|コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム in 名古屋
閉会挨拶

資料ダウンロード

2006年07月20日 フォーラム 資料ダウンロード
【セミナー配布資料のダウンロード】PDF形式

動画ダウンロード

【コンクリート構造物の劣化と補修・補強・アップグレード】京都大学大学院 宮川豊章教授 講演
【ASRリチウム工法 工法概要】ASRリチウム工法協会 講演
【ASRリチウム工法 施工実績】ASRリチウム工法協会 講演

Copyright(C) 2007〜 ASRリチウム工法協会All rights reserved 当サイト内の素材の無断転用を禁止します。